New! HD-SDI入力対応

簡易APC EAP-400


EAP-400 仕様書ダウンロード(PDF) EAP-400 取扱説明書ダウンロード(PDF) PDFのダウンロード方法はこちら


放送局・CATV事業者自主放送においてサイマル配信をされる場合、版権の問題で配信動画の一部を使用できず、別編成を組むなど配信にかかるコストが高額になりがちでした。しかし、EAP-400は決められたスケジュールに基づき、サイマル放送の版権NGシーンやコンテンツを内部動画に差し替える事ができます。

■CM差し替え/素材差し替えも単独で出来ます。


≫特 長

●本体内のFlashメモリドライブに保存したH.264/AVCファイルを再生します。
●本体内に増設用のSSDドライブベイを用意しています。
●スケジュール/ARIB STD-B39/外部接点/SCTE104 splice_request のいずれかのトリガで、LINE入力と
 再生素材を切り替えます。
●LTCを入力することにより、スケジュールトリガであってもフレーム精度で切り替えられます。 ※オプション1
●外部同期を入力することにより、LINE入力が失われた場合でも再生素材を出力できます。 ※オプション1
●LINE入力/再生素材に加え、FILL信号入力に切り替えることができます。 ※オプション2
●FILL/KEYを入力してDSKとして使用できます。 ※オプション2
※FS機能はありませんので、各入力は同期している必要があります。出力は内部処理による遅延が生じます。




≫フロントパネル

EAP-400 フロントパネル




≫リアパネル

EAP-400 リアパネル




≫仕 様

◆LINE入力信号
  入力信号数 1系統/バッファスルー1系統
  信号形式 HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
  入力接栓 BNCコネクタ
◆出力信号
  出力信号数 LINE 2系統/PREVIEW 1系統
  信号形式 HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
  出力接栓 BNCコネクタ
  入出力位相 内部処理による入出力遅延を有します。(約12 Line)
  その他 LINE 1系統は、電源断時にリレーでバイパススルーします。
入力信号が無い場合は出力されません。
◆LTC  ※オプション1 EAP-BB/LTCが必要です。
  入力信号数 1系統/ループスルー 1系統
  信号形式 LTC(SMPTE 12M)
  入力接栓 BNCコネクタ
◆外部同期  ※オプション1 EAP-BB/LTCが必要です。
  入力信号数 1系統/ループスルー 1系統
  信号形式 NTSCブラックバースト/3値(1080i [59.94Hz])
  入力接栓 BNCコネクタ
◆FILL  ※オプション2 EAP-DSL/LINE2が必要です。
  入力信号数 1系統/バッファスルー 1系統
  信号形式 HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
  入力接栓 BNCコネクタ
◆KEY  ※オプション2 EAP-DSL/LINE2が必要です。
  入力信号数 1系統/バッファスルー 1系統
  信号形式 HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
  入力接栓 BNCコネクタ
◆スケジュール機能
  日時指定 素材切替を日/時/分/秒で指定できます。
  切替時刻 本体RTCの時刻に同期して動作します。
LTC入力に同期して動作させることも可能です。
  スケジュール登録 本体WebGUI上、または指定フォームのCSVファイルで登録
◆ARIB STD-B39制御
  トリガ指定 トリガは、ARIB STD-B39 のワード番号、ビット番号を任意に設定します。
素材切替を下記のいずれかで制御します。

@ステートモード
Start、Endを1つのトリガで指定します。
トリガが0から1に遷移したエッジ=Start
トリガが1から0に遷移したエッジ=End

Aエッジモード
Start、Endを個別トリガで指定します。
トリガが0から1に遷移したエッジを各々のトリガタイミングとします。

Bデュレーションモード
Startを各々のトリガで指定します。
トリガは12個選択可能で、それぞれのDurationを個別に設定できます。
※トリガの重複は禁止です。
◆無電圧接点入力制御
  接点入力 素材切替を下記のいずれかで制御します。

@ステートモード
Start、Endを1接点で指定します。
クローズエッジ=Start、オープンエッジ=End

Aエッジモード
Start、Endを個別接点で指定します。
クローズエッジを各々のトリガタイミングとします。

Bデュレーションモード
StartをTAKE接点とDuration接点で指定します。Duration接点でDurationを選択します。
TAKE接点のクローズエッジ=Start
※Duration接点の重複クローズは禁止です。
  入力回路 内部電源+5Vに5.1kΩでプルアップ(フォトカプラ受け)
  接点出力 動作状態を出力します。(切替/Splice 中=クローズ)
  出力回路 接点容量 10mA
  接点入出力接栓 Dsub 25pin female(嵌合ネジM2.6)

ピンアサイン
ステートモード エッジモード デュレーションモード
1 Start/End Start Take
2 End Duration設定1
3 Duration設定2
4 Duration設定3
5 Duration設定4
6 Duration設定5
7 Duration設定6
8 Duration設定7
9 Duration設定8
10 Duration設定9
11 Duration設定10
12 Duration設定11
13 Duration設定12
14 切替状態接点出力
15
16 接点出力 reserve1
17
18 接点出力 reserve2
19
20 接点出力 reserve3
21
22 COM
23 COM
24 FG
25 FG

◆SCTE104制御
  対応 opID splice_request_data() spliceStart_normal または spliceStart_immediate
splice_request_data() spliceEnd_normal または spliceEnd_immediate
End命令に対しては、実行までの遅延を設定できます。
◆ビデオファイル
  圧縮符号化方式 H.264/AVC
  画像サイズ 1920×1080
  音声 ステレオ
  ファイル登録 webGUI操作で転送、Flashメモリドライブの共有フォルダ
または増設SSDドライブにコピー/ペースト
  ※1920×1080サイズの静止画(.jpg、.bmp)にも対応します。
◆ビデオファイル登録容量
  Flashメモリドライブ 30GB(10Mbpsのファイルで約6時間)
  増設SSDドライブ フロントパネル内のSSDドライブベイに増設可能
◆外部通信
  通信仕様 100BASE-TX/10BASE-T 対応 LANインターフェース
  プロトコル HTTP(本体設定)
SNMP(状態遷移外部通知)
  コネクタ RJ-45モジュラ
◆電源
  電源電圧 100V AC ±5%
  消費電力 30W 50VA
  重畳 電源二重化リダンダント
◆使用温度範囲 5℃〜+40℃ 結露なきこと
◆外形寸法 H44×W430×D385mm(1Uサイズ)

※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。