DVB-ASI入力対応HD-SDI入力対応SD-SDI入力対応

多チャンネル字幕ラウドネス監視装置 CLD-108/CLD-103



≫特 長

●HD/SD-SDIのVANCに重畳された音声モード/画角情報(ARIB STD-B39)/字幕ショートフォームデータ(ARIB STD-B37)
  とDVB-ASIのストリームに含まれる音声モード/画角情報(ARIB STD-B32)/字幕PESデータを取得し比較する装置です。
●HD/SD-SDI入力信号からラウドネス値を測定することができます。
●各系統は、個別に動作します。 各入力が同期している必要はありません。
●電源はリダンダント可能です。

【CLD-108】
●3Uの筐体にVANC基板を最大8枚、DVB-ASI基板を1枚、コントロール基板を1枚実装できます。

【CLD-103】
●1Uの筐体にVANC基板を最大3枚、DVB-ASI基板を1枚、コントロール基板を1枚実装できます。




モデル 仕様 仕様書 取扱説明書 新製品ニュース
CLD-108 3Uタイプ
VANC基板を最大8枚実装可能
CLD-108 仕様書ダウンロード(PDF) CLD-108 本体取扱説明書 準備中 CLD-103/CLD-108 設定ツール取扱説明書ダウンロード(PDF)
設定ツール
CLD-108 新製品ニュースダウンロード(PDF)
CLD-103 1Uタイプ
VANC基板を最大3枚実装可能
CLD-103 仕様書ダウンロード(PDF) CLD-103 本体取扱説明書ダウンロード(PDF)
本体
CLD-103 新製品ニュース 準備中

PDFのダウンロード方法はこちら



≫機 能

■HD/SD-SDIのVANCに重畳された字幕データとDVB-ASIに含まれるPES字幕データ(字幕数、字幕内容、字幕間隔)を比較
  ※CLD-108は最大8ch×2言語、CLD-103は最大3ch×2言語の比較が可能です。
■VANC、DVB-ASIそれぞれの字幕フォーマットのチェック
■VANCに重畳された音声モード/画角情報とDVB-ASIに含まれる音声モード/画角情報を比較
■VANCに重畳された音声モード/画角情報、DVB-ASIに含まれる音声モード/画角情報の変化を通知
■ラウドネス値計測(任意の開始、終了点を指定してラウドネス値を計算)
■ショートタームラウドネス計測(任意時間を指定して指定時間間隔でラウドネス値を計算)
■音声モード、画角情報、字幕データ、ラウドネス値のエラー内容をSNMP通信で外部に通知
■DVB-ASI字幕データ、VANC字幕データ、ラウドネス値を24時間保存
■EPGデータ更新を検知し、通知



≫監視ソフトウェア画面


■メイン画面
エラー発生や確認作業など、状況によってチャンネルボタンの色が変化しますので、状況を瞬時に把握することができます。
また、ログウィンドウに検知開始・停止、エラー確認、各種設定変更等を表示します。

ソフトウェア画面(メイン画面)



■EPG表示
EPGデータが存在する場合はPC内に自動でEPGデータを保存し、それを表示することができます。

ソフトウェア画面(EPG表示画面)


■リアルタイム字幕
入力されている字幕をリアルタイムで表示します。

ソフトウェア画面(リアルタイム字幕画面)



■過去ログ画面
入力に字幕データが存在する場合は自動でPC内に字幕データを保存します。
エラーが発生した時の字幕を、保存データより比較元・比較先で見比べることができます。

ソフトウェア画面(過去ログ画面)




≫フロントパネル (CLD-108)

CLD-108 フロントパネル


【フロントパネル解放】
CLD-108 フロントパネル解放



≫リアパネル (CLD-108)

CLD-108 リアパネル



≫フロントパネル (CLD-103)

CLD-103 フロントパネル



≫リアパネル (CLD-103)

CLD-103 リアパネル



≫フロントパネル (CLD-103 【電源リダンダント】)

CLD-103 フロントパネル(電源リダンダント)



≫リアパネル (CLD-103 【電源リダンダント】)

CLD-103 リアパネル(電源リダンダント)




≫画角比較対応一覧


■映像フォーマット
SDI局間情報 MPEG2/H.264映像
525i(270Mbps) 720*480/544*480/480*480
525p(270Mbps Dual)
525i/p(540Mbps)
750p(1.485Gbps) 1280*720
1125i/p(1.485Gbps) 1920*1080/1440*1080


■画面アスペクト比
SDI局間情報 MPEG2/H.264映像
4:3 4:3
16:9 16:9
2.21:1
Square Sample


■フレームレート
SDI局間情報 MPEG2/H.264映像
24/1.001 24/1.001
24 24
25 25
30/1.001 30/1.001
30 30
50 50
60/1.001 60/1.001
60 60



≫音声モード一覧

※M=モノラル、S=ステレオ、D=デュアルモノラル、LFE=低域強調
  a/b=前方/後方チャンネル数(例:3/2=前方3チャンネル/後方2チャンネル)

SDI局間情報 AAC音声 MPEG1 Audio音声
M M M
2M 2M 2M
3M M
音声モード=Mの3ADTSを多重
4M M
音声モード=Mの4ADTSを多重
5M M
音声モード=Mの5ADTSを多重
6M M
音声モード=Mの6ADTSを多重
7M M
音声モード=Mの7ADTSを多重
8M M
音声モード=Mの8ADTSを多重
S S S
2S S S
音声モード=Sの2ADTSを多重 音声モード=Sの2ADTSを多重
3S S
音声モード=Sの3ADTSを多重
4S S
音声モード=Sの4ADTSを多重
3/0 3/0
3/1 3/1
3/2 3/2
3/2+LFE(5.1) 3/2+LFE(5.1)
S+M S
M
音声モード=S、Mの2ADTSを多重
S+D S
2M
音声モード=S、2Mの2ADTSを多重
5.1+S 5.1
S
音声モード=5.1、Sの2ADTSを多重
3/1+S 3/1
S
音声モード=3/1、Sの2ADTSを多重
3/2+S 3/2
S
音声モード=3/2、Sの2ADTSを多重




≫仕 様 (VANC基板)

HD/SD-SDI信号入力に対応した、ラウドネス値、音声モード、画角情報、字幕データを取得します。
CLD-108は最大8枚(8系統)、CLD-103は最大3枚(3系統)まで実装できます。
◆入力信号
   信号形式 SD-SDI SMPTE259M-C  480i
HD-SDI SMPTE292M  1080i [59.94Hz または 60Hz]
   コネクタ BNCコネクタ
◆入力信号バッファスルー出力
   信号形式 入力と同等(入力に同期)
   コネクタ BNCコネクタ 3系統
◆SDI信号取得項目 ・音声モード
・映像フォーマット
・画面アスペクト比
・フレームレート
・字幕有無
・字幕補助データ(ARIB STD-B37) ※第2言語まで



≫仕 様 (DVB-ASI基板)

DVB-ASI信号入力のTSストリームデータをコントロール基板に伝達します。
1筐体に1枚実装します。
◆入力信号
   信号形式 DVB-ASI
   コネクタ BNCコネクタ
◆入力信号バッファスルー出力
   信号形式 入力と同等(入力に同期)
   コネクタ BNCコネクタ 3系統
◆DVB-ASI信号取得項目 ・プログラムナンバー
・音声PID
・音声フォーマット
・音声モード
・映像PID
・映像フォーマット(映像水平解像度、映像垂直解像度)
・画面アスペクト比
・フレームレート
・字幕有無
・PES字幕データ



≫仕 様 (コントロール基板)

VANC基板とDVB-ASI基板から取得データを集積・解析・比較します。
比較結果をSNMPトラップ通知します。
1筐体に1枚実装します。
◆通信制御
   通信仕様 1000BASE-T/100BASE-TX対応 LANインターフェース
   プロトコル SNMP
   コネクタ RJ-45モジュラコネクタ



≫仕 様 (CLD-108 筐体)

◆外形寸法 H132×W430×D275mm(突起を含まず)
◆電源
   電源電圧 100V AC ±5%
◆使用温度 5℃〜40℃ 結露なきこと
◆その他
   電源二重化 ホットスワップ可能
   ボード挿抜 ホットスワップ可能 (コントロール基板を除く)



≫仕 様 (CLD-103 筐体)

◆外形寸法 H43×W428×D274mm(突起を含まず)
◆電源
   電源電圧 100V AC ±5%
◆使用温度 5℃〜40℃ 結露なきこと



≫仕 様 (CLD-103 【電源リダンダント】 筐体)

◆外形寸法 H43×W428×D452mm(突起を含まず)
◆電源
   電源電圧 100V AC ±5%
◆使用温度 5℃〜40℃ 結露なきこと



※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。