New!

ARIB STD-B39信号検知装置 B39-108R


B39-108R 仕様書ダウンロード(PDF) B39-108R 本体取扱説明書ダウンロ-ド(PDF)
本体
B39-108R ソフトウェア取扱説明書ダウンロ-ド(PDF)
ソフトウェア
B39-108R 新製品ニュースダウンロード(PDF) PDFのダウンロード方法はこちら


≫特 長

●HD-SDI信号の放送局制御信号(ARIB STD-B39)、またはSCTE104を検知する装置です。
●検知は系統ごとに指定できます。
●放送局制御信号は、任意のワード番号、ビット番号の制御データを検知し、変化の状態(※1)をSNMPで外部通知します。
●SCTE104は、splice_request_data()を検知し、変化の状態(※1)をSNMPで外部通知します。
  (※1 検出できる変化の最大値は15回/秒です。)
●筐体は2Uサイズです。
●棚板方式で、最大8系統を搭載することが可能です。
●各系統は、個別に動作します。各入力が同期している必要はありません。
●電源は二重化されています。



≫フロントパネル

B39-108R フロントパネル


※フロントパネルを開いた状態
B39-108R フロントパネルを開いた状態




≫リアパネル

B39-108R リアパネル




≫仕 様

◆入力信号
  信号数 1系統
  信号形式 HD-SDI SMPTE292M 1080i [59.94Hz]
  コネクタ BNCコネクタ
◆バッファスルー出力信号
  信号数 1系統
  コネクタ BNCコネクタ 1系統
◆ARIB STD-B39
  検知指定 検知する制御データは、ARIB STD-B39のワード番号、ビット番号で任意に設定します。
指定は系統ごとに16箇所まで設定できます。
◆SCTE104 @検知したSCTE104データを、そのまま外部通知します。
Asplice_request_data()、alive_request_data()については、検知した内容を解析し
 以下の値を外部通知します。
 splice_request_data()
  :messageSize, message_number, opID, splice_insert_type, splice_event_id,
   program_id, pre_roll_time, break_duration, auto_return_flag
 alive_request_data()
  :messageSize, message_number, opID
◆外部通信
  通信仕様 100BASE-TX/10BASE-T 対応 LANインターフェース
  プロトコル HTTP(本体設定)/SNMP(検知通知)
  コネクタ RJ-45モジュラ
◆外形寸法 H88mm×W430mm×D275mm(突起を含まず)
◆電源
  電源電圧 100V AC ±5%
  消費電力 約69W(8ch搭載時)
◆使用温度 5℃〜+40℃ 結露なきこと
◆その他
  電源二重化 ホットスワップ可能
  ボード挿抜 ホットスワップ可能(コントロールボードを除く)
  ラックマウント 専用取付金具により、EIA 2U/JIS 2J として取り付け可能です。

※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。