HD-SDI入力対応SD-SDI入力対応DVI入力対応

フリーレイアウト マルチビューワ・MV-412HD/416HD

 高画質ビデオ信号分割機
(“ALVIX” HD-SDI Free-Layout Multi Viewer MV-412HD/416HD)

MV-412HD/416HD 仕様書ダウンロード(PDF) MV-412HD 取扱説明書 準備中
本体
MV-412HD/416HD 設定ツール取扱説明書ダウンロード(PDF)
設定ツール
MV-412HD カタログ 準備中 PDFのダウンロード方法はこちら

特長・外観へ          ≫系統図・ソフトウェアへ          ≫仕様へ




≪使用用途≫
■高精細大型ディスプレイの多彩な演出に。
■テレビ会議システムの分割表示用に。
■高画質監視システムの映像表示用に。


≫特長

●HD/SD-SDI信号、パソコン(DVI)信号、LTC(時計表示)信号を入力し、高解像度モニタに分割表示する
  フリーレイアウトマルチビューワです。
  本体ユニットのカスケードにより最大60ch入力まで対応します。
●16の表示パターン(プリセット)を素早く切り替えることができます。表示パターンはユーザーが簡単に登録・修正を
  することができます。
●JPEG画像のキー合成が可能で、背景を入れたり自由な画面設計ができます。
●背景メモリを2面有し、1面を選択し背景として表示可能です。
  背景は静止画JPEG、サイズ1920×1080 フルカラーとなります。
●簡単なコメント文字列が画面上に表示できます。
●入力はHD/SD-SDI(自動判別)です。
  D端子やアナログVBS出力のSTBやプレーヤーは、弊社ADコンバータ(AD-1080iAD-480i)をご利用いただくことで
  SDI信号へ変換できます。
●10種のサイズより子画面を構成できます。(混合可能)
●HD-SDI(1080i)出力が可能なので、高画質デジタル信号の伝送が可能です。また、デュアルリンクHD-SDI(1080p)
  での伝送も可能です。
●筐体は2Uでコンパクトです。電源はリダンダントでフロントメンテナンス。
●外部制御はLANインターフェイスを装備しています。
●専用コントロールソフトですべての設定が可能です。
●ハードウェアベースなので、連続稼動で安定したパフォーマンスを発揮します。

高画質ビデオ信号分割機 フリーレイアウトマルチビューワ MV-412HD/416HD




≫基本構成

◆MV-412HD
筐体 ×1 4スロットの基板を実装
基板 ×4 IO-4C 基板 入力4系統・制御
IO-4 基板 入力4系統
IO-4 基板 入力4系統
OUT 基板 SD-SDI、HD-SDI、VBS、RGB、DVI  各1系統の出力コネクタあり
電源 ×2 リダンダント

◆MV-416HD
筐体 ×1 4スロットの基板を実装
基板 ×4 IO-4C 基板 入力4系統・制御
IO-4 基板 入力4系統
IO-4 基板 入力4系統
IO-4 基板 入力4系統
※CHAIN OUT AをHD-SDI出力として使用。(A/B使用でデュアルリンク1080p)
電源 ×2 リダンダント

上記のほか、ご使用に合わせてカスタマイズできます。

 ≫詳しくは、お問い合わせください。




≫フロントパネル

MV-412HD/416HD フロントパネル

 1.電源ユニット1 パワーインジケータ            2.電源ユニット2 パワーインジケータ


MV-412HD/416HD フロントパネルを開いた状態

3.電源ユニット1 パワースイッチ               4.電源ユニット2 パワースイッチ


≫リアパネル

MV-412HD/416HD リアパネル

 5.入出力基板
 6.出力基板
 7.UNIT CHAIN OUT コネクタ
 8.UNIT CHAIN IN コネクタ
 9.UNIT CHAIN ID 設定スイッチ
10.ETHER コネクタ
11.電源ユニット 1
12.電源ユニット 2

ページトップへ




≫システム系統例

MV-412HD システム系統例


≫ソフトウェア画面

■画面のレイアウトを決める際にも、とてもわかりやすいGUIとなっています。

MV-412HD/416HD ソフトウェア画面


ページトップへ




≫仕様(SDI入出力基板)

◆概要
 入力されたSDI信号をスケーリングし、1080p画像領域の任意の位置に配置する機能を持ちます。
 出力はデュアルリンクHD-SDIであり、次段のボードへチェインされてゆきます。
◆入力信号 HD/SD-SDI
◆入力信号コネクタ BNC
◆出力信号数 2ch
◆出力信号 デュアルリンクHD-SDI 1系統
◆出力信号コネクタ BNC×2
◆チェイン信号入力 HD-SDI(1080p デュアルリンク) BNC×2 ※筐体外での接続となります。

 ※入出力基板には次の3つの仕様があります。
名称 入力チャンネル数 外部制御 I/F 背景合成
I/O-4C 4 あり あり
I/O-4 4 なし なし
I/O-2 2 なし なし

I/O-4C基板 コネクタ配列
I/O-4C基板 コネクタ配列

I/O-4基板 コネクタ配列
I/O-4基板 コネクタ配列

I/O-2基板 コネクタ配列
I/O-2基板 コネクタ配列

 1.CHAIN HD-SDI IN A コネクタ
 2.CHAIN HD-SDI IN B コネクタ
 3.CHAIN HD-SDI OUT A コネクタ
 4.CHAIN HD-SDI OUT B コネクタ
 5.HD/SD-SDI IN 1〜4コネクタ


◆外部制御 (I/O-4Cのみ)
 仕様 100BASE-TX LANインターフェース
 コネクタ RJ-45モジュラ
◆背景合成
 PCで作成した画像データ(JPEG)を本体にFTP転送し、出力映像に背景として合成します。
 フルカラー画像データを取り扱えますので、多彩な表現が可能です。
◆画面サイズ
 スケーリングを行った後の表示サイズは1920×1080の画像領域に対して次のサイズから選択設定することができます。
 また、その表示位置は任意に設定できます。

 16:9画像入力時(HD-SDIまたはSD-SDIスクイーズ)
画面サイズ設定 水平サイズ(dot) 垂直サイズ(line)
0 1/1(100%) 1920 1080
1 4/5(80.0%) 1536 864
2 3/4(75.0%) 1440 810
3 2/3(66.7%) 1280 720
4 3/5(60.0%) 1152 648
5 1/2(50.0%) 960 540
6 2/5(40.0%) 768 432
7 1/3(33.3%) 640 360
8 1/4(25.0%) 480 270
9 1/5(20.0%) 384 216
10 1/5.3(18.8%) 360 202
11 3/20(15.0%) 288 162


 4:3画像入力時(SD-SDI)
画面サイズ設定 水平サイズ(dot) 垂直サイズ(line)
0 1/1(100%) 1440 1080
1 4/5(80.0%) 1152 864
2 3/4(75.0%) 1080 810
3 2/3(66.7%) 960 720
4 3/5(60.0%) 864 648
5 1/2(50.0%) 720 540
6 2/5(40.0%) 576 432
7 1/3(33.3%) 480 360
8 1/4(25.0%) 360 270
9 1/5(20.0%) 288 216
10 1/5.3(18.8%) 270 202
11 3/20(15.0%) 216 162


≫仕様(DVI入力基板)

◆概要
 入力されたDVI信号をスケーリングし、1080p画像領域の任意の位置に配置する機能を持ちます。
 出力はデュアルリンクHD-SDIであり、次段のボードへチェインされてゆきます。
◆入力信号 TMDS
◆入力信号コネクタ DVI-D(2系統)
◆出力信号数 2ch
◆出力信号 デュアルリンクHD-SDI 1系統
◆出力信号コネクタ BNC×2
◆チェイン信号入力 HD-SDI(1080pデュアルリンク) BNC×2

I/O-DVI基板
I/O-DVI基板



≫仕様(時計基板)

◆概要
 入力されたLTC信号を時計画像に変換し、1080p画像領域の任意の位置とサイズに配置する機能を持ちます。
 時計画像は、アナログ時計とデジタル時計表示の選択が可能です。
 I/O-2に時計基板を装着することで実現します。
 出力はデュアルリンクHD-SDIであり、次段のボードへチェインされてゆきます。
◆入力信号 HD/SD-SDI(2系統) LTC(SMPTE 12M)(1系統)
◆入力信号コネクタ BNC
◆出力信号数 2ch
◆出力信号 デュアルリンク HD-SDI 1系統
◆出力信号コネクタ BNC×2
◆チェイン信号入力 HD-SDI(1080pデュアルリンク) BNC×2

I/O-2T基板
I/O-2T基板



≫仕様(出力基板)

◆概要
 入出力基板で合成処理されたHD-SDIデュアルリンク信号をスキャンコンバートし、アナログRGBやDVI、SD-SDIなどの
 信号形式で出力する機能を持ちます。
◆チェイン信号入力 HD-SDI(1080pデュアルリンク) BNC×2 ※筐体外での接続となります。
◆HD-SDI出力 チェイン入力のAchのバッファスルー BNC×1
◆アナログRGB出力 R、G、B、H、V  D-sub15ピン(VGAコネクタ)×1
◆DVIデジタル出力信号 TMDS信号 DVI-Dコネクタ×1 ※デジタル信号のみ

出力(OUT)基板 コネクタ配列
OUT基板 コネクタ配列

 1.CHAIN HD-SDI IN A コネクタ
 2.CHAIN HD-SDI IN B コネクタ
 3.HD-SDI OUT コネクタ
 4.SD-SDI OUT コネクタ
 5.VBS OUT コネクタ
 6.ANALOG RGB OUT コネクタ
 7.DVI OUT コネクタ


◆アナログRGB/DVI出力解像度(有効画像領域)
名称 H Disp(dot) V Disp(line) 縦横比
1080p 1920 1080 16:9
WSXGA+ 1680 945 16:9
WXGA 1280 720 16:9
UXGA 1600 1200 4:3
SXGA+ 1400 1050 4:3
SXGA 1280 960 4:3
XGA 1024 768 4:3

◆SD-SDI出力      :出力画像のダウンコンバート信号 BNC×1
◆アナログVBS出力  :出力画像のダウンコンバート信号 BNC×1

◆SD-SDI/アナログVBSの表示方式
モニタ縦横比設定 アナログRGB
DVI出力の縦横比
表示方式
16:9 16:9 スクイーズ
16:9 4:3 サイドパネル付加
4:3 16:9 レターボックス
4:3 4:3 フル



≫筐体

◆メンテナンス 前面より、基板、電源、ファンユニットの交換が可能
◆電源 リダンダント方式
◆消費電力 約190W
◆電源電圧 AC100〜240V(50/60Hz)
◆外形寸法 W430×H88×D522o 2Uラックマウントサイズ(突起を含まず)
◆質量 約18kg
◆基板スロット数 4スロット
※入出力基板を3枚、出力基板を1枚挿入したときに12chの映像を分割して任意の解像度で
  表示できます。(基本構成:MV-412HD)
※入力が12chを越える場合は、筐体を追加し入出力ボードを増設します。
※入出力ボード1枚=4ch単位で増設が可能で、入力数60chまで対応します。

◆入力チャンネル数に対応した基板、筐体構成例

12ch 16ch 20ch 24ch 26ch 28ch
筐体 1式 2式 2式 2式 2式 2式
I/O-4C 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚
I/O-4 2枚 3枚 4枚 5枚 5枚 6枚
I/O-2 --- --- --- --- 1枚 ---
OUT 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚
占有サイズ 2U 4U 4U 4U 4U 4U



◆筐体構造

側面断面図

 I/O-4C、I/O-4、I/O-2基板は、リアにBNCを接続したままフロント側より基板の挿抜が可能です。
 OUT基板はコネクタ接続を取り外してから、フロント側より基板の挿抜を行います。



≫接続図(24入力構成の場合)

接続図(24入力構成の場合)




≫構成例

1.出力基板なし構成

構成例1:出力基板なし構成




2.26入力ボード筐体×2+出力ボード筐体×1
  ※26入力ボード筐体と出力ボード筐体での、内部通信用接続は不要です。

構成例2:26入力ボード筐体×2+出力ボード筐体×1


ページトップへ

※仕様及び外観は改良のため、予告なしに変更することがあります。